« December 2007 | Main | February 2008 »

January 31, 2008

コミックス同時発売

「バーテンダー」10巻、「ソムリエール」5巻。2月4日に同時発売です。「城アラキ・フェア」だそうで。2冊同時に手にとってくれるといいなという出版社の作戦でしょう(笑)。乗ってあげてくれると、著者も嬉しいです。

春には酒とは少しテーマを変えた話を(といっても、テイストは同じですけどネ)「スーパージャンプ」「ビジネスジャンプ」両方の増刊でやる予定です。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

January 25, 2008

爆弾低気圧

On 爆弾低気圧だそうで、山小屋の外気温マイナス13度。(午前3時)。

寒いと言えば寒いけど、東京にいるときより体感気温は温かい。火の気のない部屋でもプラス7度ちかくあるのはログハウスの威力かね。ちなみに薪ストーブのある部屋では気温は20度近くもあがる。

いやぁ薪は偉大です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2008

星のワイン

こんにちは、ゆりなさん。
星のワイン……というより、この回で紹介したのは「星座」のワインですね。これはもちろん有ります。(……っていうか、あるワインしか紹介してません(笑))。まんま「星のワイン」という言葉で思い浮かぶのはやっぱり「シャンパーニュの星」=「シャンパン」ということになるでしょうか。

ちなみに……。先日、山で「シリウス」をさんざ探したのにど~しても見つけられず、(そのために双眼鏡とか星図表とかさんざ買ったのに)ガックリ来ました。

この回のゲストキャラの名前は明治の有名な天文学者・野尻抱影からつけました。

>恋愛等よりもお酒関係のお話に期待してます。
>(特に城先生の作品は読んでるとそう思わされます)
>両作品とも、今後に期待してます
ありがとうございます。というか「恋愛等」はあまり得意ではなく……それはそれで問題ですが(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2008

神楽坂・バー歯車

自分がオジサンになったと眼に見えて感じる時がある。それは、小さかった子供がある日、大人になったと気づいた時――と言う。

バーテンダーのHくんが青山の「ラジオ」を辞めてヨーロッパに行くという時、閉店後の店でささやかな送別会を開いた。この日のためにクリスティーズのオークションで落とした1945年のアルマニャックと葉巻を一緒に吸って餞別にした。「あれって何年前?」「多分もう7、8年前では……」。

ガーンッとなった。「エエエッツ~。もうそんなになるの!」。その時20歳くらいだったHくんが、神楽坂に自分の店を開いた。竹と木と蝋燭の照明が美しい静かなバーだ。「どうせなら銀座か青山に開いてくれりゃよかったのにぃ~」と毎度騒がしい客(私だ!)を軽く笑顔でいなす余裕が成長だ。

カクテルの味は軽くてフルーティだ。若々しくて溌剌としている。「そうかぁ、いつか自分の店を開いたら、こういう味を出してみたい。そう思い続けていたんだろうな……」と、オジサンは毎度のフレンチ75を飲みながらしみじみと感動してしまった。

お客様各位。店は何と! 午後3時から開けてるからノンベイにはたまらないぞ。ただし店のキャパは広くないから、陽のあるうちから長居をするなよ。ちゃっちゃと呑んだらグズグズせずに席を立ってくれ。店はちょっと奥まった場所にあるから、来店の時は電話で予約してな。オジサンみたく作るに面倒なカクテルを頼むなよ。オジサンみたく店の雰囲気をこわすなよ。中国茶にも凝ってるから酒の飲めない女の子でも連れてけるぞ。ただし「わ~ステキなお店!」と声をだすバカ娘は勘弁してくれ。

嗚呼! オジサンが出入りすると他の客が嫌がりそうで心配だけど、頑張ってくれよ。口うるさいオジサンは雨の給料日前で店がヒマそうな時しか顔を出さないから安心しろよ。

「バー歯車」

新宿区若宮町16
塩谷ビル2階

03-5206-8837

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2007 | Main | February 2008 »