« November 2007 | Main | January 2008 »

December 23, 2007

「迂遠」について

Photo 辞書についてのコメントを頂いたのでついでに……。

「迂遠」(うえん)という言葉がある。辞書で引けば多分、「無駄な回り道」とか「寄り道」とあると思う。これが難しいのは本人にとってはそれが回り道とは思ってないことなのだ。

で、写真の「パワーブリーズ」だ。一日2回。朝晩これを大きく30回吸い込むと肺活量の強化になる……と自転車雑誌にあったのだ。

ここまでの自転車の寄り道を書きたい。(……というか誰かに聞いて欲しいんだよネ)。まずジャイアントの折りたたみを買った。温泉まで行くためだ。山が雪になる前にどうしても、何でもいいから車で運べる自転車が欲しかった。そのためには折りたたみだ!(車はワゴンだから、実は後で気づけばどんな自転車もバラして積み込めた)

いい自転車だと思う。ホイルは小さいけどハンドルはドロップ。軽いし速い。……でも小口径でホイル間の長さが短いからか、動きが神経質というか。青山墓地の中を走ると、ハンドルが取られる。しかも、そのハンドルがドロップだからタラタラ走るのがど~もカッコ悪い(と、本人が思ってしまう)。で、必死にペダルを回す。

ここからが「迂遠」である。必死にペダルを回すには脚力である。このため、室内で自転車を固定して回すサイクルトレーナーを山にも青山にも買った。毎日30分汗まみれでペダルを回してる。それでもど~も楽しくない。「必死」であることにかわりはない。しかも山の坂はこれでは上れなそうだ。で、「やっぱりもう少しノンキな自転車で都内で練習したい」と、なった。そもそも今のところ、車道を走るのがやや怖いのだ。

最終目標は決めてある。バリバリのロードレーサーで「あの坂」を軽々とダンシングしながら登ることだ。(ところで「あの坂」だが、長さにして約2キロ。これって、ど~も坂とは言えない坂らしい。山の反対側、ヒルクライムのメッカではこの倍以上の斜度を20キロも登るそうだ。ちなみに今現在の私、目黒・権之助坂を登り切れずに押してあがったという屈辱の記録がある!)

閑話休題。……で、これは自転車を代えればいい。(と、道具の方に目をやるのがオジサンですな)。都内で走るならクロス・バイク。分かってます。でも、最終目標が「あの坂」だから、これがいずれ無駄になるのも分かっている。それならいっそマウンテンバイクじゃないだろうか。と、思いついてしまったのです。

29インチのホイルにとりあえずスリックを履いて雪のない都会で練習する。その後、タイヤを戻して山でも走る。調べましたねぁ~MTB。たどり着いたのがゲーリー・フィッシャーの「Xーキャリバー」。これ、いいんじゃない。しかし、ふと冷静になるとどうしてロードレーサーに乗るのにMTBを買わなきゃいけないのか。やっぱりその前にエンジン強化=つまり心肺機能強化じゃないかと、話がもどってこのパワーブリーズなのである。

迂遠である。でも、新しい自転車も欲しい! 多分買っちゃう! 自転車屋さん。今、押し売りにきてくれれば、即決、現金とっ払いで買ちゃうぞ。というのも、その時に凝ってる物に全勢力と全資金をつぎ込むというのが我が家の方針でして。1年すれば後悔することは分かってるんだけどね。だから自慢じゃないが、金ならないぞ!

……と、思ってるときに限って、自転車屋さんとの相性が悪いという話は次回に。

ちなみに「山漬け」ですが、「山漬け」「鮭」で検索を――。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 19, 2007

山漬け鮭

Sake

今年の鮭(頂き物)。毎年、北海道から鮭を取り寄せていたが、今年はもの凄い立派な鮭を頂戴してしまう。K先生に感謝。同時に撮影に使ったという山漬けも半身もらって、今年は豊漁だぁ~。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 18, 2007

越冬準備

Siitake 忙しいのに味噌の仕込み。米味噌8キロ麦味噌4キロ。京白味噌4キロ。しかし、締切はなんとかなっても、麹は生き物だからチャッチャと仕込まないと菌力が弱くなる。去年はさぼったので味噌が底をつきかけていた。食べられるのは来年の秋以降だけど。

ついでに干し椎茸の天日干し。これで1キロ。ほぼ1年分。乾物は、あらためて天日干しにするとビタミンDが増えるとか(笑)。ちなみに後ろに見えるのが六本木ヒルズ。立派な大分産天白どんこにくらべると、う~ん美しくない。

山漬けの鮭も塩抜きしてさばいたし。山に行ったら白菜も漬けるので、これにて越冬準備完了。スローライフというより原始的と言った方がいい我が家ですな。(都会で外出の時にはカチカチと「切り火」だしね)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 12, 2007

自転車とワインとカクテルと山の生活について

音呑み通りさん。risaさん、こんにちわ。(……と、コメントにこういうレスをつけていいのかどうか分からんで、間違ってたらすんません)。さて、まずは自転車です! 我が家、何かに凝ると、本棚ひとつがその分野にガラリと変わります。ただ今は自転車ですな。

その前は何だったろうか。もちろん葉巻やワインやカクテルやモルト・ウイスキーやブンディーという事もありますが。変なところでは……。日本刀とかナイフ。インカの織物とかキリム・絨毯、和服とか民族衣装。あとは楽器関係はヘッドホーンとか、ディジュリデユかぁ……。

ただ今はジャイアントの折りたたみMR4Rがありますが、これは都心と山を往復する用でして。(輪行で行けるところまで乗って……ではなく、残念ながら車で運んで)。ちなみに連れ合いの初心者用ロードはサイクルトレーナーにほぼ固定です。現在は、新しいロードバイクとMTBを何にしようかさんざ迷ってるところです。

夏は山の仕事場の小屋。冬は都心。という生活ですが今年は自転車にスパイク履かせて雪道走るぞ! と、心意気は立派ですが、どうなるか。29インチのMTBに興味が。ロードはキャノンデールかトレックか迷ってるところでしてね。

ま、自転車屋さん曰く。「千キロ走ってから迷ったらどうでしょう」と、まっとうなご意見ではあります。

来年の目標は……とりあえず1日で100キロを走る!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »