June 15, 2011

大学生の人気企業

 大学生の就職したい企業のトップが三菱銀行だそうで……。「そりゃ、中に入った人間には結構な職場環境なんだろうな」と思ったお話を少々。実は、ここに使ってない口座がある。直筆で、「早急に連絡が欲しい」と手紙が来た。何事かと電話をすると、銀行から送った書類が届かないで戻ったけどどうなってるのかという。電話かけても出ないしと怒られた。

「いやいや、実は東京に居ないことも多いので」というと、至急支店に取りに来いという。オイオイちょいと待ってくれ、オタクの営業確認のパンフ程度のものが届かないからって、客が出向くわけ」というと、そうしてもらわないと困るという。「それはそちらの都合で、こちらは全然困らないんだけど。たいした金額はいってるわけじゃないし、預金引き出して口座締めりゃ済むから」と、少しだけ語調を荒くしていうと。今度は一転手の平を返して、低姿勢で謝る。……日本語、通じてない(笑)。それともワタシの言い方に何か誤解を招くところがあったか? そりゃ何千万、何億も預金があって「支店長を出せ~」といったならともかくね。

そうかぁ、ここが大学生にとっては働きやすい、将来性もある、(当然給料もいい)会社なんだ」と、ある意味、その目端が利く小利口さに感心した。確かに中に入ると楽だよなぁ、こんな会社は。客の都合より会社の都合なんだもん。それで給料がいいなら辞められぬ。

しかし、この辺が学生さんの先見性の限界。「今、就職人気NO1の会社で、30年後も同じく人気NO1の会社などない」。炭鉱、鉄鋼、造船……を見よ。近くはIT系を見よ。会社が顧客に対してではなく、社員に対して心地よい会社であるのは、実は結構ヤバイと気づかなきゃね。

ちなみに……。私が連載してるSJ、BJも集英社。学生の人気はな、なんと3位! 同じ出版社で講談社でもなく小学館でもなく集英社なのは単に少年ジャンプの楽しそうなイメージがあるからに違いない。でもね、外の「楽しそうなイメージ」は中での「地獄のような仕事」があって生まれてくるんだけどね。だって、私みたいな訳わかんないオヤジのお守りもしなきゃならないんだから。

| | Comments (3)

May 21, 2011

1年ぶりにブログ復活記念――3

「フェイスブック」を始めたよ。多分、フェイスブック、城アラキで検索すりゃいいと思う。……が、実はこの目的がまったく分かっていない。「バーテンダー」のドラマ放映とかコミックスの発売に合わせてやるなら意味あったのか、なかったのか、それもわかりませんが、まぁとりあえず。

| | Comments (4)

1年ぶりにブログ復活記念――2

「5月13日はカクテルの日」ということで、古谷三敏先生と、「バーテンダー」漫画・原作家ともども記念に表彰していただきました。みなさま、当日はありがとうございます。写真などはNBAのホーム頁をご覧ください。式のあと、

古谷先生の話があまりに面白かったので深夜まで銀座で痛飲。

| | Comments (1)

1年ぶりにブログ復活記念――1

5年ぶりか10年ぶりか。かつては20代でイケイケだった元オネェサン達や昔から変わらぬおじさん達と久しぶりに会う。今や40代となった元オネェサン達、聞けば×の数が増えている。「これ以上×が増やすと結婚祝い詐欺と呼ぶぞ!」とからかったのは何年前のことか。

しかし、これがなかなか良いのです。人生の折り込みも熟成も加わって捨て鉢さと投げやりに風情がある。若いだけじゃ出せません。さながら美味しいラーメンのようです。煙突のように吹かすタバコはふてぶてしさを超えてむしろ初々しい。女はもしかしたら40歳から。恋愛は最低×ひとつから(笑)。

| | Comments (0)

April 17, 2010

ソムリエール13巻発売です

S13 ソムリエールもはや13巻。この巻では、4つ葉のクローバーの回がたいへん好評でしたが、私的には最後のトカイワインの話も好きですな。トカイの白わいんについては、エリちゃんからみでもう一度やるつもりです。ワインとしては「ソリチュード」がお値段お手頃でコストパフォーマンスもたいへんよろしいかと。

| | Comments (3)

March 05, 2010

バーテンダー16巻発売です

97840885982771_3  このコミックスでは初めて一冊丸ごと「北海道編」というのを試してみました。「バー・山崎」をはじめ取材ではみなさまにお世話になりました。この場をかりて御礼もうしあげます。

| | Comments (13)

January 19, 2010

「ソムリエール」12巻発売です

97840887779551 「ソムリエール」12巻発売。写真では取ってしまってありませんが、帯には100万部突破記念。抽選でワイン・プレゼントの応募券が付いてます。物はフランソワーズ・ベデルのデュ・ヴァン・スクレ。なかなか美味しいシャンパンです。

この巻で一番面白いボトルといえば、何と言っても呪いのワイン。バローレ・コレクションですな。実は機会があって「じゃぁ次の時に飲んでみましょうか」と言われて悩んだ。(いやぁ。有るところにはあるものですな)。何しろ怖がりなもので。いずれブルゴーニュが何本か出てみな酔っぱらうだろうから、飲んだ振りしてやっぱりそっと吐きだした方がいいな。……と思っていたらこの話、結局流れてしまい、嬉しいやら少々残念やら。

| | Comments (8)

January 12, 2010

目が合う

絵画館前に走りに行ったら、いつも見かけるホームレスのオバサンと目が合う。……と、突然オバサンが満面の笑みで「100円ちょうだい」と声をかけてくる。ちょうど千円しかなかったから「……ごめん」と答えると、まぁしょうがないかと笑いながら見送ってくれる。あの絶妙なタイミングはなんなんだ。きっと、あまりに間抜けにヨロヨロ走っていたせいに違いない。

絵画館から千駄ヶ谷駅方向に向かうと道一杯の人の壁。「デモですか?」と思ったら高校サッカーの決勝だそうで。逆走するオジサンひとりが迷惑がられて睨まれる。

明治神宮の入り口で守衛さんと目が合う。「ご苦労様~」と声をかけると、守衛さん、突然腕をバッテンに組み「ノーランね。ウオークオンリーね」。と英語?で注意される。ど~見てもワタシが英語を使う国から来た人とは見えんはずだけど。守衛さんの頭には派手なランニングウェアでこんな所に来るのは外人という刷り込みがあるのか。

境内。これはこれで参道の砂利道に砂埃たつほどの人の山。ど~してキャバクラのオネーサンみたいな厚化粧が振り袖着てるんだと思ったら成人の日だそうで。なるほど納得。そりゃどんなブサイクも両親にしたら自慢の可愛い娘だろうけど、ふんぞり返ったタレント気分のバカ娘のVサインを必死に撮影する姿、見たくないよなぁ。……と見学してたら娘と目がある。「何見てんだオヤジ!」という顔でバカ娘に睨まれた。

言っちゃなんですけど、あれならホームレスのオバサンのお愛想笑顔の方が10倍は魅力的ですな。

| | Comments (1)

January 01, 2010

2010年正月。今年の目標は月160キロ!

P1010285 今年は月に160キロを走ろ~。と、心に誓ったもんで、新年1月1日からランニング。週に40キロは走らねばならないだけど、スピードがものすごく遅いんで時間がかかる。でも、山は昼間でも気温ー4度。ビェ~寒気団。

でも、さすがのアシックスさん、さながらスタッドレス・タイヤのごとく、雪道用ランニングシューズというのがある。確かに滑りにくいかもしれないが、怖いのはかえって「滑らない」という過信だな。

それにしてもアシックスさん。この赤はまだしも(この色しかない)シューレースまで「赤・ラメ入り」というのはどういうデザインセンスなのか(あるいは実用的意味があるのかな)教えてほしいもんだけど。

| | Comments (2)

November 20, 2009

新sunntoで捻挫!

Sunnto スントのGPSが最近「時速40キロ!」を表示。「これだとフルマラソン1時間ちょい。世界新記録だね」と最初はおもしろがっていたが、さすが不便。5年も使い込んだし、そろそろ買い換えるかと諸々探す。

t4、t6という上位機種もあるけが、まぁ使わなそうな機能ばかり。で、同じt3のせめて色違いにしたい。左がニューバージョン。この色、メーカーサイトだともっと明るい萌葱色で美しかったがネットで届いてみたらなんとも悲しい色だった。

で、GPSで山のラフロードを駆け下りてみる。今度はほぼ正確なスピード。「キロ3分ペースというのはすごい早さだなぁ。平地をこれで走るのかぁ」と、時計を確認して感心したとたん、窪地に左足をとられる。グキッとなってクルリと前転したのは我ながらエライ! が、すぐに家に帰ってアイシング(ちなみに時計をはめたこの袋があいしんぐ用のバックでんな)。そのあとがちがちにテーピングしたけど、見事に腫れ上がる。2、3日は休憩ですなぁ。先月の総走行距離がせっかく150キロ超えたのになぁ。

| | Comments (1)

«ルイ13世レアカスクと二日酔い